★おすすめの高価車買取サイトです

私が車を売る時に利用したサイトの中で最も高く買い取ってくれる業者さんを見つけられた便利なサイトなのでおすすめいたします。

全て無料で査定見積もりしてくれます。



★おすすめの自動車保険サイトです

こちらは最も安くて信頼のおける保険を探し当てられたサイトなのでおすすめいたします。

こちらも全て無料で査定見積もりしてくれるので安心です。

2008年05月14日

頑張れ!日産!

 
 
 
みんさん♪ ご無沙汰してしまいました。

何せ『環境技術振興協会』と言う事業協同組合の設立準備で
大わらわだったものですから・・・(苦笑) 
 
 
さて、先日の『産経ニュース』からの抜粋ですが・・・
 
日産 ゴーン 流軌道修正か 「新中期経営計画」を発表 2008.5.13 19:25


日産自動車は13日、平成24年度までの5カ年の新中期経営計画「日産GT2012」を発表した。過去の中計のように利益率や販売台数は示さず、売上高で年平均5%の成長のみ盛り込んだ。
円高や材料高など経営環境の激変が、経営手法に軌道修正を迫った形だ。

中計の柱は、
(1)各部門で品質改善
(2)電気自動車で業界のリーダーに
(3)売上高で年平均5%拡大−の3点。

具体的には、
▽5年間で60の新車を投入
▽平成22年に日米で電気自動車発売▽
高級ブランド「インフィニティ」や小型商用車の販売台数を5年間で2倍に−など
とし、利益率や総販売台数などの目標は出さなかった。

カルロス・ゴーン社長は「強い逆風下にあり、利益目標を掲げるのは現実的でない」と説明している。

ゴーン氏が過去に打ち出した中計「日産リバイバルプラン」(12〜13年度)や「日産180」(14〜16年度)では、高い目標を掲げて収益向上につなげてきた。
しかし、19年3月期決算で社長就任後初の営業減益となるなど、「コミットメント(必達目標)経営」の限界も指摘されていた。
新中計では目先の数字にこだわらず、中長期的な安定成長を目指す考えだ。

そうだ。

それにしても嬉しいニュースじゃありませんか!

何と言っても『技術の日産』
是非とも地球環境の保全、地球温暖化防止に大きな役割を果たすであろう
『排気ガス 0 の電気自動車』で世界のリーダーシップをとって貰いたいものです。

いずれにしても、このままだと
原油の高騰は必然だろうし、
われわれ一般市民がガソリンを購入できるのも
高価過ぎて後5〜6年がいいところだと思う今日この頃。

家庭で充電できる電気自動車の早期発売が待ち遠しいものです。

★おすすめの高価車買取サイトです

私が車を売る時に利用したサイトの中で最も高く買い取ってくれる業者さんを見つけられた便利なサイトなのでおすすめいたします。

全て無料で査定見積もりしてくれます。



★おすすめの自動車保険サイトです

私が利用した中で最も信頼のおける保険を探し当てられたサイトなのでおすすめいたします。

こちらも全て無料で査定見積もりできるので安心です。


★おすすめのmixi運営のサイト様です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96693488

この記事へのトラックバック