★おすすめの高価車買取サイトです

私が車を売る時に利用したサイトの中で最も高く買い取ってくれる業者さんを見つけられた便利なサイトなのでおすすめいたします。

全て無料で査定見積もりしてくれます。



★おすすめの自動車保険サイトです

こちらは最も安くて信頼のおける保険を探し当てられたサイトなのでおすすめいたします。

こちらも全て無料で査定見積もりしてくれるので安心です。

2007年10月23日

トヨタ株、下落続く

みなさ〜ん♪ こんにちわ!


さて先日、NBonlineから

米国のビッグスリーが本気だしての

「トヨタの落日」記事をお送りしましたが

本日も不穏な記事をお伝えしましょう。



トヨタ自動車
世界一でも、株価上がらず

            2007年10月22日 月曜日 伊藤 暢人

10月24日から幕張メッセ(千葉市)で、開催される東京モーターショー。40回目を迎える今年は、10年ぶりにトラックなどの商用車と乗用車が同時に展示される総合自動車展となる(一般公開は27日から)。

軽自動車を除く乗用車で国内45%超のシェアを持つトヨタ自動車()は、このモーターショーで、従来にない発想のコンセプトカーを並べる。

例えば、日欧の若手デザイナーが開発した「Hi-CT」は、少し格好悪いものを「カッコイイ」と捉える若者をターゲットにした。背が高く、直方体に近いシルエットで開発テーマである「アンバランス」を表現している。
これまでトヨタが苦手としていた若いユーザーへのアプローチを考えたコンセプトカーだ。

     Hi-CT_004[1].jpg
         Hi-CT

また、渡辺捷昭社長が「夢のクルマ」として開発の目標に掲げる「乗れば乗るほど健康になるクルマ」を目指した「RiN(リン)」は、ハンドル類に電極を設けて運転手の心電を測る。
運転手の精神状態を推し量りながら、車内のディスプレーなどを調整していく。

こうした“突き抜けた"クルマを発表する背景には、国内市場の閉塞感を打破したいというトヨタの覚悟も垣間見られる。
というのは、市場の冷え込みが予想以上に深刻な状況となっているからだ。


国内販売目標を下方修正
「今年の国内での販売台数は160万台の半ばになりそうだ」――。10月9日、新型車「カローラ ルミオン」の発表記者会見で、渡辺社長はこう明かした。

     RIN_003[1].jpg
         RiN(リン)

これまでトヨタは、今年の国内販売目標を前年比1%増の172万台としてきた。ところが、今年前半の販売台数の伸び悩みや、7月に発生した新潟中越沖地震などの影響による生産や販売の遅れなどがあり、前年割れの状態が続いていた。

それでも9月までは「状況は厳しいかもしれないが、172万台という目標は旗として掲げ、それにまだ挑戦していきたい」と渡辺社長は目標を堅持し続けていた。

しかし、9月は祝日が2日、月の後半にあったことなどで前年割れが続き、同9月末の段階で計画値よりも約10万台販売台数が少ないという結果に終わった。


こうした状況から、ついにトヨタも販売目標の下方修正に迫られた。


今年、日野自動車とダイハツ工業を含めたグループでは世界で934万台万台の販売を見込み、米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて世界一となる公算が大きいトヨタは、「世界での販売目標は今のところ変えない」(木下光男副社長)。


世界一だけでは投資家も満足せず

ただし、国内に加え、これまで前年比10%以上販売台数を伸ばし続けてきた米国でも、今年は5%増の目標が達成できるかどうかという水準だ。
米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)の問題などで経済の先行きに不透明感が漂う中、原油価格は1バレル=90ドルを突破し、過去最高の水準で推移している。

市場全体の落ち込みにトヨタがどこまで抵抗できるかが焦点となっている。

こうした落ち込みを中国や、アジアなどの他の市場でカバーしていこうというのが、トヨタの狙いだ。

北米の成長鈍化や国内の低迷、円高、原油高、原材料費の高止まりなど、世界一となってもトヨタを取り巻く課題は少なくない。
それは、株式市場も冷静にトヨタの動きを見始めている。今年1〜6月では、既にトヨタはGMを世界販売で追い抜いている。

それでも株価は、2月に一時8350円の最高値をつけたものの、それからずるずると下がっており、6250円(10月19日現在)までに落ち込んだ。
投資家の目から見れば、既に台数での世界一は織り込み済みで、その次の成長戦略を期待したいというところだろう。

従来のクルマだけでは閉塞感を打破できない。

それに対するトヨタの回答の1つが、今回の東京モーターショーで登場するとも言える。
(日経ビジネス 伊藤 暢人)

参照

トヨタ自動車  7203
現在値 6120   (15:00)   -130
売買高 8445100 売買代金(百万円) 51418
始値 6050 前日終値 6250
高値 6140 年初来高値 8350 (2007/02/27)
安値 6010 年初来安値 6130 (2007/08/17)

トヨタ株.bmp


しかし自動車産業は日本の基幹産業でもありますが

こうした業界の不振は国内経済までも影響大ですからねェ〜。

これまでの概念を一掃した新しい車づくりに期待したいところです。


頑張ってよ!我らが日産さ〜ん♪


     頑張れ!ニッポン♪ 頑張れ!日産♪
     クリック、よろしく願い上げます!

            
        

★おすすめの高価車買取サイトです

私が車を売る時に利用したサイトの中で最も高く買い取ってくれる業者さんを見つけられた便利なサイトなのでおすすめいたします。

全て無料で査定見積もりしてくれます。



★おすすめの自動車保険サイトです

私が利用した中で最も信頼のおける保険を探し当てられたサイトなのでおすすめいたします。

こちらも全て無料で査定見積もりできるので安心です。


★おすすめのmixi運営のサイト様です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。